心理学検定

  • 心理学検定
  • 心理学検定


見本

心理学検定の試験解答用のマークシート見本(PDF)です。
印刷して,勉強や試験の準備にお役立てください。

マークシート見本
こちらからダウンロードできます。(PDF)

解答の注意点

マークの塗りつぶし

例のようなマークは正確に読み取れない場合があります。

薄い・小さい

マークが薄かったり,小さいと読み取れない場合があります。
マークは濃く丁寧に塗りつぶしてください。

薄い・小さい

消し残し

間違えてマークした箇所は消し残しがないようにしてください。
消し残しがあると誤って読み取られてしまうことがあります。

消し残し

受検番号の記入

例のように受検番号の記入に不備があると,採点がされない場合があります。

「0」の記入なし

※受検番号が「00123456」の場合※
最初の「00」が記入されていないと受検番号がデータと一致しません。
「00」も含め,8桁すべて記入してください。

0の記入なし

数字忘れ

マークのみ記入し,数字を書き忘れている。
数字・マークともに正確に記入してください。万が一マークにミスがあった場合,解答者の特定ができない恐れがあります。

数字忘れ

マークミス

マークする場所を間違えている。
受検が無効になることがあります。記入時・試験終了前に必ず確認してください。

マークミス

解答科目数

解答用紙には「受検科目欄」と「解答欄」があります。「受検科目欄」にマークがある科目が採点されます。

科目選択忘れ

解答欄に解答していても,
「受検科目欄」にマークがないと,その科目は採点されません。
また,受検科目欄は試験終了までに記入してください。

科目選択忘れ

科目超過

申込時に選択した科目数を超える解答はできません。
採点を希望する科目が採点されないこともありますので,申込科目数以内で受検科目欄をマークしてください。

科目数超過


<< 前のページに戻る

商標登録

  第5583918号