受検するには

CBT試験とは

CBTとは「Computer Based Testing(コンピューター ベースト テスティング)」の略称で、コンピューターを使った試験方式のことです。
受検者は、コンピューター画面に表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。
本人確認とカンニング等の不正防止を担保する試験であり、試験結果の成績が公的証明書として評価されるものです。

※体験版は選択肢が6択ですが、心理学検定は4択となります。

CBTの特長

紙による方式の試験と比べ、CBTでは次のような特長があります。

会場が選べる
全国47都道府県すべてに会場があり、受検しやすい場所を選択して受検することができます。(申込先着順のため、満席で選択できない場合もございます)
日時が選べる
開催期間内において、ご都合のよい日時を選択して受検することができます。
試験日と会場の変更が可能
試験日の3営業日前まで(土日受検の場合は、4営業日前まで)、席が空いていればいったん申込まれた後に、試験日や会場を変更することができます。ご自身の都合に合わせて、試験日を変更することで、その年の受検を断念せずにすみます。

CBTシステムの信頼性・安全性

CBTによる試験実施を委託するプロメトリック㈱は試験配信・評価ソリューションのプロバイダーとして、教育機関、金融機関、官公庁、医療機関、業界団体、一般企業およびIT業界で信頼を得ています。
世界中の受験者をサポートし、世界180ヵ国以上で年間700万件の試験を配信しています。
日本国内においても、年間200万件、累計3,000万件以上の配信実績を誇ります。

プロメトリック㈱の品質の取り組みはこちらからご覧ください。