受検するには

団体割引について

第14回検定 団体割引申請期間
2021年5月10日~7月10日

受検者が20名以上で、団体割引申請の代表者が団体割引申請期間内に、全員分をまとめてお支払いいただける場合、適用されます。

受検料(1人あたり)

受検科目 一般 団体割引
A領域

(5科目)

7,700円(税込) 6,600円(税込)
B領域

(5科目)

7,700円(税込) 6,600円(税込)
A+B領域

(10科目)

12,100円(税込) 9,900円(税込)

※A・Bセット割引(3,300円引き)と団体割引(各領域1,100円引き)の両方が適用となります。

申請方法

団体割引申請の代表者が取りまとめを行って、こちらのページの説明にそって、手続きを進めてください。
入金確認後、全員分のバウチャーをメールで代表者にお届けします。

注意事項

  • 大学等の場合には、団体割引申請の代表者は、その学校の教職員の方でお願いします。
  • 第12回検定まで必要であった、団体受検会場としての「検定会場の準備」「試験監督者の手配」は不要となりました。
  • 割引申請の際に、受検者名のリストは必要ありません。受検領域ごとの人数のみを入力していただいて、その人数分のバウチャーを発行する方式となっています。
  • 団体全員が同じ会場で受検する必要はありません。個々人が自身の分のバウチャーを用いて、全国の会場から日時を選んで予約していただきます。試験会場検索・開催日程確認もご覧ください。
  • 結果開示(代表者への各受検者の受検結果のフィードバック)は、開示同意書を提出いただければ可能です。

結果開示同意について

団体割引での申込みの場合、受検者ご本人の承諾があれば、教育上の目的に限り、先生や学校等に結果をお知らせすることができます。
書面での承諾でも、大学等でお使いのオンラインシステムなどを通してネット上で承諾を集めるかたちでも、どちらでもかまいません。
こちらは、書面で承諾を得る場合の、結果開示同意書の作成例です。各学校用に自由にアレンジしてお使いください。