受検するには

5年間有効科目制度とは

合格科目5年間有効制度(期限付科目免除制度)

「合格科目5年間有効制度」とは、級位の認定において、当該年度の合格科目に加えて過去5年間の合格科目を合わせることができる制度です。 必要な科目を同一年度に合格しなくても、合格科目5年間有効制度を利用することにより、心理学検定特1級・1級・2級を取得することができます。(過去5年間とは、例えば2021年に合格した科目は2025年まで合算可能ということです。)
この制度を利用する場合は、申込時に「検定登録番号」を明記してください。

  • ※ただし特1級についてのみ、第1回~第4回までの合格科目をお持ちの方は、第9回までは、それらの合格科目も有効になります。第9回心理学検定までに全科目を合格していれば、特1級に申請することができます。
  • ※第13回心理学検定中止に伴い、第13回をまたぐ合算については、「合格科目5年間有効制度」の1年間の延長を特例として行っております。

級ごと・年度ごとの早見表

横にスライドできます

受検した年度
第8回(2015年) 第9回(2016年) 第10回(2017年) 第11回(2018年) 第12回(2019年) 第13回(中止) 第14回(2021年)
過去に合格した科目
第8回 有効 有効 有効 有効 有効
第9回   有効 有効 有効 有効 有効
第10回     有効 有効 有効 有効
第11回       有効 有効 有効
第12回         有効 有効
第13回              
第14回             有効