心理学検定局

今日までの経緯

1996年に心理学検定の母体である日本心理学界協議会(1999年に日本心理学諸学会連合に改称)が発足し、主要課題の一つに資格制度の検討がありました。当時、心理学系の資格は20ほどあり、これら諸資格の統一を目指して始まった動きが、現在の基礎資格としての心理学検定につながっています。

心理学検定の歴史

1997年
日本心理学界協議会の資格制度検討委員会で、検討を始める。
2001年
資格制度について、まずは基礎資格の問題に焦点を絞り、ワーキンググループで検討を始める。
2004年
日心連理事会で検定事業の実施を決定した。
2005年4月
検定局が発足した。
2006年6月
日心連理事会で「心理学検定規程」、「心理学検定事業概要」、「心理学検定試験実施収入支出予算」、「運営資金の調達と返済に関する細則」を承認した。
2006年7月
心理学検定プレ試験を実施した。
2007年6月
第1回心理学検定試験を2008年9月に実施することを決定した。
2008年9月
第1回心理学検定試験実施。5会場、申込者数1,335名。
2009年8月
第2回心理学検定試験実施。7会場、申込者数1,712名。
2010年8月
第3回心理学検定試験実施。10会場、申込者数2,260名。
2011年8月
第4回心理学検定試験実施。10会場、申込者数2,519名。
2012年8月
第5回心理学検定試験実施。10会場と5団体会場、申込者数2,990名。
2013年8月
第6回心理学検定試験実施。11会場と12団体会場、申込者数3,641名。
2014年8月
第7回心理学検定試験実施。12会場と12団体会場、申込者数3,756名。
2015年8月
第8回心理学検定試験実施。13会場と13団体会場、申込者数4,188名。
2016年8月
第9回心理学検定試験実施。14会場と12団体会場、申込者数4,602名。
2017年8月
第10回心理学検定試験実施。14会場と17団体会場、申込者数5,063名。
2018年8月
第11回心理学検定試験実施。14会場と19団体会場、申込者数5,683名。
2019年8月
第12回心理学検定試験実施。14会場と19団体会場、申込者数5,833名。
2020年8月
第13回心理学検定試験(中止)。
2021年8月
第14回心理学検定試験実施(予定)。