心理学検定とは

心理学検定について

心理学検定受検概要

1
受検は、誰でもできます。心理学部や心理学科の所属や卒業に関係なく、希望するすべての人に受検資格があります。
2
試験は、心理学の10科目(A領域5、B領域5)について行われ、A領域の5科目、B領域の5科目の10科目すべてに合格すると「特1級」が、A領域の4科目を含む合計6科目に合格すると「心理学検定1級」が、A領域の2科目を含む合計3科目に合格すると「心理学検定2級」が取得できます。
A領域
  • 原理・研究法・歴史
  • 学習・認知・知覚
  • 発達・教育
  • 社会・感情・性格
  • 臨床・障害
B領域
  • 神経・生理
  • 統計・測定・評価
  • 産業・組織
  • 健康・福祉
  • 犯罪・非行
3
問題はすべて4肢選択問題で、各科目から20問が出題されます。
4
試験時間は、A領域・B領域ともに100分です。
5
受検料は、A領域・B領域とも7,700円(税込)です。別途、A・B領域セット割引と、団体割引があります。
6
検定試験実施期間終了の約1ヶ月後に、各科目の合否を通知します。同時に「心理学検定1級」「心理学検定2級」の資格取得者には、合格証を送ります。(「特1級」には申請が必要です
7
各科目の合否判定の基準は、約6割の正答率を目安とします。ただし、出題問題の難易度によって基準が変動する可能性があります。
8
科目ごとの合格実績の有効期限は、5年間とします。したがって、過去の成績表はなくさないように保管し、次回の受検申込みの際には、必ず検定登録番号を明記してください。
9
「心理学検定特1級」「心理学検定1級」及び「心理学検定2級」の資格は、更新の必要はありません。
10
「認定心理士」の資格所有者は、優遇措置として、A領域のうち3科目に合格すれば、「心理学検定1級」が取得できます。