勉強法

キーワード

趣旨

本キーワード集は、大学で心理学を学んだ成果を評価する基準という観点から設定され、心理学検定で認定された級が心理学系大学院の入学試験選考資料となることも想定して項目を選択したものです。大学院入試の優遇措置と学部の単位取得制度に活用されている大学院と大学の事例はこちらをご覧ください。

活用法

本キーワード集は、科目別にキーワードをまとめたPDFファイルと全項目のキーワードを記載したエクセルファイルの2種類あります。科目別記載PDFは、選択科目ごとにキーワードを知るために便利です。他方、全項目記載エクセルファイルでは、同じ項目が科目間で関連していることが理解できるようになっており、このファイルを用いて自由に検索やまとめのファイルが作成できます。なお、本キーワード集では、事項項目と人名項目を分けて記載しています。

公認心理師試験との関係

心理学検定(2008年8月開始)は、公認心理師試験(2018年9月開始)より10年早く開始しましたが、心理学全体を視野に入れた検定試験ですので、公認心理師に必要な25科目の趣旨とかなりよく一致します。心理学検定科目と公認心理師科目の対応関係表がQ&AのQ35に示されていますのでご覧ください。

本キーワード集では、公認心理師試験出題基準・ブループリント(令和3年版と4年版参照)の小項目に対応するキーワード292項目に◎印をつけています。

心理学検定の出題との関係と勉強法

心理学検定の1回の出題では、各科目20問ずつですので、回ごとに見れば出題されない項目の方が圧倒的に多くなります。他方、各種の心理学辞典に比べると項目数をかなり絞っているので、本キーワード集にない項目に関わる問題が出題される可能性もあります。
知らない項目については、心理学辞典やインターネットで調べるほか、『心理学検定 基本キーワード〔改訂版〕』(実務教育出版)や教科書などで系統的に学んでください。公式問題集および推薦書籍の紹介のページもご覧ください。

以下のリンクより、ファイルをダウンロードして受検勉強にお役立てください。

ファイルアップロード日
2022/04/12

※全項目キーワードは、「前書き」「抽出方法」「全項目キーワード」の3つのシートに分かれています。

科目別キーワード(PDFファイル)